登園許可書
感染症にかかったら

感染症にかかってしまったら、集団生活ですので、きちんと治してから登園しましょう。 医師の登園許可書が必要な場合がありますので、下記の表を参照し、許可書の提出をお願いいたします。 登園許可書は、保育園に用意してありますが、下記のボタンをクリックし、 許可書をダウンロードして使っていただいても大丈夫です。

 

登園許可書は、PDFファイルです。ファイルを開くには「Acrobat Reader」が必要です。ダウンロードはこちら

病名 主な症状 感染
経由
潜伏
期間
登園のめやす
麻しん
(はしか)
初期症状は発熱・咳・鼻水・目やになどの風邪と似た症状です。
熱がなかなか下がらず、咳が強くなることもあります。
やがて赤い小さな発疹が全身に広がります。
せき
つば
のど
9~12日 解熱後3日を経過
してから
インフルエンザ 初期症状は発熱・咳・鼻水などの風邪に似た症状です。
その後、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が強く出ます。(高熱が出ない場合もあります。)
乳児では嘔吐や下痢などがでる時もあります。
せき
つば
1~3日 発症した後5日を
経過し、かつ解熱
した後3日を経過
するまで
風しん 微熱が出て、赤い発疹が体中に現れ
ます。また、首や耳の後ろのリンパ節が腫れます。
のど 2~3週間 発疹が消失
してから
水痘
(水ぼうそう)
微熱程度の発熱と赤く細かい発疹がでます。
発疹は短時間で水疱になり、1~2日で全身に広がります。
頭皮や口の中にできることもあり、非常にかゆみの強い水疱です。
せき
つば
2~3週間 すべての発疹が
乾いたカサブタに
なってから
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
熱が出て耳の下や顎下が腫れ、口を開けると痛がります。 せき
つば
2~3週間 耳下腺、顎下腺、
舌下腺の腫脹が
発現してから5日を
経過するまで、かつ
全身状態が良好に
なるまで
結核 咳・痰、発熱など、風邪と同じ症状が2週間以上続き、症状が進むと痰に血が混ざることもあります。 空気
飛沫
1~
2ヶ月間
伝染の恐れがない
と認められるまで
咽頭結膜炎
(プール熱)
高熱と喉の痛みが出て、結膜炎を伴い
ます。
乳児の場合、下痢や嘔吐を伴うことも多く、結膜炎の症状がでないこともあります。
くち
のど
5~7日 熱が下がり、喉の
痛み、結膜炎がなく
なった後、2日を
経過してから
流行性角結膜炎
(はやり目)
【細菌性結膜炎】
黄色っぽい目やにがたくさん出る。
白目やまぶたが強く充血するなどの症状がでます。

【ウイルス性結膜炎】
目が明けられないほど大量の目やにがでたり、白目やまぶたの裏側が充血したりするほか、目が痛くなることもあり
ます。
耳の前や顎の下にあるリンパ節が腫れることで、出血を伴うこともあります。

【アレルギー性結膜炎】
目やには少ないのですが、かゆみが強く涙がたくさんでます。
接触 約1週間 感染の恐れがない
と認められるまで
百日咳 初期症状は咳・鼻水・くしゃみなどの風邪に似た症状です。
短い間隔で咳が連続的に出て、それに続いて、急に息を吸い込んで笛のような音が聞こえます。
気管支がけいれんするような咳です。
のど 1~2週間 特有の咳が消失
するまで、または
5日間の適正な
抗菌性物質製剤に
よる治療を終了する
まで
腸管出血性
大腸菌感染症
(O157、O26、
O111等)
腹痛や水様性の下痢で、症状が出てから1~2日あたりから便に鮮血が混じり、典型的な症状として固形物のない血性下痢が見られます。
下痢は1日に4~5回以上あり、数日持続します。
吐き気、嘔吐、発熱などを伴う場合もあります。
経口 3~8日 症状が治まり、
かつ、抗菌薬による
治療が終了し、
48時間をあけて
連続2回の検便に
よって、いずれも
菌陰性が確認
されるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 症状は頭痛、発熱、嘔吐を繰り返します。また、首の後ろが硬直するため、抱っこすると痛いので嫌がります。 飛沫 1~10日 医師により感染の
恐れがないと認め
られるまで
溶連菌感染症 症状は発熱、のどの痛みです。
首のリンパ節が腫れたり、嘔吐や腹痛を伴ったりすることもあります。
しかし、3歳以下の乳児の場合は、熱や発疹もなくのどの赤みと痛みしか症状のでないこともあります。
体や手足に小さくて赤い発疹がでたり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします(イチゴ舌)。
風邪と違って、咳や鼻水がでないということもこの病気の特徴です。
せき
つば
接触
2~7日 抗菌薬内服後
24~48時間経過
していること
マイコプラズマ肺炎 症状は咳、鼻水、鼻づまりから始まり、熱はそれほど高くありませんが、人によって39度以上の高熱が続くこともあります。
咳は1ヶ月以上続くこともあります。
飛沫 2~3週間 発熱や激しい咳が
治まっていること
手足口病 手足や口の中、足底や足背などに2~3mmの周囲が赤くて真ん中が白い米粒大の水疱ができます。
基本的に痛みはありません。
発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くはありません。
せき
つば
くち
3~4日 発熱や口腔内の
水疱・潰瘍の影響
がなく、普段の食事
がとれること
伝染性紅斑
(リンゴ病)
両方の頬にりんごのように赤く、チョウチョのような形の発疹がでます。
決まって、両側のほっぺに症状がで
ます。
頬の赤みが出たのち、腕や太ももなどの外側も赤いレース状の発疹がでます。
まれに、発熱を伴う場合もあります。
つば 10~15日 全身状態が
良いこと
ウイルス性胃腸炎
(ノロ、ロタ、
アデノウイルス等)
下痢や嘔吐、発熱が主な症状です。
ロタウイルスの場合は、白色便が見られます。
経口 1~2日 嘔吐、下痢等の
症状が治まり、
普段の食事が
とれること
ヘルパンギーナ 急な高熱や喉の炎症と口内炎や水疱ができることがあります。
また、倦怠感や関節の痛みとまれに熱性けいれんが起こります。
せき
つば
2~5日 発熱や口腔内の
水疱・潰瘍の影響
がなく、普段の食事
がとれること
RSウイルス感染症 鼻水・咳・発熱などの風邪の症状があります。
飛沫
接触
2日~8日 呼吸器症状が
消失し、全身状態
が良いこと
帯状疱疹 水ぼうそうと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。
皮膚にブツブツとした赤い発疹ができ、小さな水ぶくれとなって帯状に広がります。
特に胸から背中、腹部などによくみられ
ます。
他には顔や手、足などにも現れます。
特徴的な水ぶくれが多発した後枯れてかさぶたとなり、約3週間かけて治ります。
飛沫
接触
2~3週間 すべての発疹が
乾いたカサブタに
なってから

※日数については発症した日または解熱した日、および症状が消えた日を『0日目』としてカウントします。

お問い合わせフォーム お問い合わせ
ページ先頭へ